洋画

映画「リトル・ダンサー」の広告コピー

映画コピー評論 疑問系のコピーは、社会問題を扱っていていたりする問題提起する映画によくあるパターン。この映画も様々な問題があるんだけど、とにかく主人公の存在感がすごい!こんな役者(子役)に出会ったら監督もやる気でるだろうな。きっとコピーも主…

映画「トランスフォーマー ロストエイジ」の広告コピー

映画コピー評論 人気シリーズの第四弾ということで、他シリーズとの差異をどう出すか、なおかつシリーズの一体感をどう出すか。この相反する二つを共存させる必要があります。その意味で、このコピーはその両方を満たしているといえるでしょう。「~か、~か…

映画「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」の広告コピー

映画コピー評論 続編の主題は待ちに待った宿敵との対決。シャーロック・ホームズ好きなら絶対に見逃せないこの対決をとてもシックな言葉で表現しています。映画の雰囲気さながらの冷静な情熱をもった、ワクワクするようなコピーですよね。短い言葉、言葉のリ…

映画「ノア 約束の舟」の広告コピー

映画コピー評論 誰もが知るノアの方舟の物語。でもなんとなくは知っているけど、詳しい内容を知っている人はそんなに多くはないのでは。その認知を含めどの程度までコピーで内容を明らかにするかが難しい映画コピーだったと思います。今回は割とスタンダード…

映画「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」の広告コピー

映画コピー評論 ひとの興味をそそるワードである「なぜ~なのか。」という構図。疑問があると、ひとは答えを知りたくなるものです。そんな心理を利用するのがこの手法です。よくドキュメンタリーや奇想天外な実話などの映画で使われます。この映画も冒険記な…

映画「ホーム・アローン3」の広告コピー

映画コピー評論 人気シリーズものならではの広告コピー。今度はもっとすごいって告知するのが、シリーズもののパターンだけど、そのままシンプルに訴求してきましたね。前回との違いもきっちりコピーに盛り込んで、新シリーズの期待感を盛り上げています。 …

映画「ターザン REBORN」の広告コピー

映画コピー評論 映画キャッチコピーではよく使われる構図ですね。「その男(女)、〇〇。---。」という形は、リズムがよく、要点を伝えやすい特徴があります。特にアクション映画によく好まれる表現ですね。このパターンは、前半に一般的な内容を入れて、…

映画「インフェルノ」の広告コピー

映画コピー評論 人気シリーズものは、それだけで話題が出てしまうので、キャッチコピーは軽視されがちだが、やはり「今回の作品は前回以上だ」という風な印象をキャッチコピーで与える必要がある。よりダイナミックで、より壮大な印象を与えるにはやはり「人…

映画「ラ・ラ・ランド」の広告コピー

映画コピー評論 たった一言で、ロマンチックさと映画のテーマとイメージを刺激する素晴らしいキャッチコピーです。「みていた」という過去表現がまたにくらしい。一見明るいミュージカル映画に思われるが、内容はすごく切なさを帯びた構成になっていて「夢み…

映画「アデル、ブルーは熱い色」の広告コピー

映画コピー評論 内容が内容だけに、キャッチコピーも難しい。この映画のテーマを素直に言葉にするのはチープな感じが出てしまうし、この濃密さを言葉で表すにはあまりに混沌としている。そのカオスからひとつの言葉を見つけるのがコピーライターの役目であり…

映画「プリデスティネーション」の広告コピー

映画コピー評論 「時空(どこ)へ逃げても追い詰める」がキャッチコピーのいわゆるタイムトラベル系の映画。この手の映画はやっぱりタイムパラドックスがメインテーマとなってくるので、最後どうなるかわからないハラハラドキドキ感が魅力の映画になることが…

映画「シングルマン」の広告コピー

映画コピー評論 映画コピーの定番ともいえる「問いかけコピー」。テーマ性がある映画に重宝する方法です。今回は一人の人間にフォーカスを当てた形の映画なので、一人の人間の心情・行動・人生観とともにストーリーを追うことができます。そういった形の構成…

映画「モーターサイクルダイアリーズ」の広告コピー

映画コピー評論 すごくカッコイイコピー。すごく好きな映画コピーのひとつです。個人的にロードムービーが好きなのですが、ロードムービーはカッコイイキャッチコピーの宝庫です。ロマンティックで、情緒的。「世界がめざめる音」という表現が秀逸です。全体…

映画「デスプルーフinグラインドハウス」の広告コピー

映画コピー評論 すごくオシャレなキャッチコピーですよね。ドレスコードという洗練さに「スリル」と「スピード」という不協和音が実に文章を奥深くしてくれています。まさにスリルとスピードを味わいたいなら、(ついでにめちゃくちゃ感も味わいたいなら)こ…

映画「しあわせの隠れ場所」の広告コピー

映画コピー評論 映画コピーに頻出する表現「〇〇史上最高」というワード。この言葉が使われやすいのは当然効果を生むと実証されているから。変に技巧に走ったり、意味不明な言葉を並べるなら、このワードを使った方が圧倒的に効果的だ。広告コピーにはこうい…

映画「美女と野獣」の広告コピー

映画コピー評論 映画キャッチコピーではよく用いられる対比の構図。同じような言い回しを用いながら、「彼は・・・」「彼女は・・・」と対比して文章にリズムを生み、文章の印象を強める効果があります。今回は、後半部分が同じ言葉で固定された形。個人的に…

映画「シェルブールの雨傘」の広告コピー

映画コピー評論 最高にオシャレで、最高に素敵すぎる物語。この映画は登場人物がすごい魅力的で、それぞれの発する言葉が、すごく強さのある言葉ばかり。なので、セリフをそのままコピーにする。もしくはセリフ調にする。その選択がベストだと思います。 映…

映画「グランド・イリュージョン」の広告コピー

映画コピー評論 え、どうやるんだろう。そう思わせたらもう勝ち。映画コピーの一番いい形は、見てみたくなること。その一番いい形にもっていっている広告コピーとしてはお手本のキャッチコピーだと思います。スタンダードすぎて、もうひとひねりあるといいな…

映画「トゥルーマン・ショー」の広告コピー

映画コピー評論 まさにその通りのストーリー。分かりやすくて、キャッチー。映画の雰囲気にも合っていて、大喜利のような「言い得た感」がある。すごく大好きな映画の、すごく大好きなキャッチコピーです。 映画について 典型的なアメリカ市民・トゥルーマン…

映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」の広告コピー

映画コピー評論 淡々と、でも確実に流れていく時を、そのまま映画として切り取ったような、醜くて、美しい映画。素晴らしい音楽とともに綴られるストーリーは、まさにこのキャッチコピーのような静かでフォークソングさながらの雰囲気を帯びています。映画の…

映画「ブロークバック・マウンテン」の広告コピー

映画コピー評論 すごく意味深なコピーですね。映画を見ればこの意味は分かりますが、映画をみる前だとどうなるのだろうとワクワクさせてくれるコピーです。なんとなくマイナスイメージがある含みのあるコピーですが、すこし個人的感情が入ってる気もしますね…

映画「ジュラシック・ワールド」の広告コピー

映画コピー評論 ジュラシックパーク大好きでした。最初にみたときの衝撃は子供でしたが忘れられません。そのシリーズとなるので、当然ジュラシックパークをメインに出した広告づくりが大切ですね。ジュラシックパークファンなら必ずみに行きますし、ファンで…

映画「最強のふたり」の広告コピー

映画コピー評論 映画自体も名作として知られていますが、この映画コピーもかなり有名。調べてもらえば分かりますが、かなりの人が紹介しているほど、映画キャッチコピーでは大御所的な存在です(言い過ぎですかね)。かくゆうわたしもこのコピーは大好きで、…

映画「グッバイ、レーニン!」の広告コピー

映画コピー評論 キーワードである「壁」をしっかり使用しながら、上手く物語を表現しているオシャレなキャッチコピーです。「グッバイ、レーニン!」という題名からどうしても戦争や社会主義をうたった映画なのかと思われてしまうが、映画自体は「家族愛」を…

映画「君が生きた証」の広告コピー

映画コピー評論 まさにこのキャッチコピーが心に突き刺さるストーリー展開。自分が父親だったら。。。誰もがそう考えずにはいられないし、父親の想いがすごく伝わってくる。「生きるすべて」。言葉で書くとさらっとしたこの表現が、この映画をみると重くのし…

映画「パージ」の広告コピー

映画コピー評論 この映画の魅力は、なんといっても設定の面白さにあります。その設定をしっかり伝えつつ、ワクワク、ハラハラさせることがこのキャッチコピーで達成できています。この手の映画を見たい人は、とにかくハラハラドキドキしたいと思っていると思…

映画「すれ違いのダイアリー」の広告コピー

映画コピー評論 なかなか会えない二人。それでも恋していく二人。そんな姿を描いている作品だからこそ、「会える」という言葉が深く心にのこる。キャッチコピー自体はよくある言葉が繋がって構成されているので、あまり強い印象を受けないが、映画に寄り添っ…

映画「トゥルー・ロマンス」の広告コピー

映画コピー評論 獰猛な愛って言葉が、こんなに似合う映画も珍しいですね。いや、この映画だからこそ言える表現なのだと思います。映画コピーで大切なのは、その映画でしかありえないって言葉を見つけること。すごく難しい作業だけど、これができたときそのコ…

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の広告コピー

映画コピー評論 多くのファンを持つ有名映画の新シリーズ。これに勝る宣伝文句はないですね。どんなに言葉が巧みでも、百戦錬磨のマーケッターでも、「ハリーポッター」の一言でもう敵いません。映画コピーは、どう上手く言葉を紡ぐかより、どう上手くみても…

映画「メン・イン・ブラック」の広告コピー

映画コピー評論 コメディタッチの映画のコピーは難しいですよね。そのコピーで面白さを醸し出さないといけないので。そういった時に役立つのがカタカナワード。ここでは「ヤツ」「ノリ」という言葉が出てきています。このカタカナワードがある種のチープ感と…